読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夢はでっかく"どう描く"?

ただいま、ハロープロジェクトの沼に全力で飛び込んでる最中です。

わたしの知らない時期。2

モーニング娘。

昨日のつづき。今日は9期から11期まで。の予定でしたが、時間が足りず9期だけ。

 

9期

鞘師里保ちゃん

なぜリアルタイムで追えなかったのかと本当に後悔しています。

もう少し、早ければ。というか鞘師が卒業発表したころにはモーニング娘。に興味持っていたにもかかわらず、まずは現在までの経緯を!なんていってプラチナ期から小田加入を調べている間に鞘師は卒業してました。自分ばかだろ。

勝手に顔の印象とエースっていうことから、気の強い子(どちらかというといじわるっぽい)というイメージを勝手につくりあげていたので、全然ちがくておどろいた。

めっちゃ転ぶし、もぐもぐするし、ふくちゃんの二の腕を見る目は変態だし。

でもやっぱりパフォーマンスに対する熱は誰よりも強いし。

わたしの好きな大野智に通ずるものを感じました。ぽけぽけしてても芯はぶれたくないっていう頑固さ。

歌声はトップっていうわけでもなければダンスも(私的には)抜群っていうわけでもないけど、こうやって絶対的エースになってたのは、芯の強さ、ぶれなさだと思う。たぶん。すごい推されてるのに、嫌な「ゴリ押し」を感じさせなかったのは本人の熱がこっちにもガンガン伝わったからかな。と。

現在留学中ということで、また戻ってくるかもしれないその時こそは逃さずに会いに行きたいです。りっほ…。

 

譜久村聖ちゃん

リーダーです。ぶわぁぁぁって熱を出してくることはないけど、鞘師と同じくらい芯がある。歌すごく安定してて、好きです。歌声評価ですぐに挙げられるメンバーじゃないのが不思議。ライブ映像とかみてて、ソロパートで安心できる人です。

加入がサプライズという名のちょっと特殊なものだった(途中で落ちてたけどつんくさんが突然入れた)せいで、掲示板とかちょっと嫌な言葉並んでて複雑だけど。彼女の加入は正解だと思う。

そして、さゆ卒業後リーダーを任されたわけですけど。これも私は正解だと思った。鞘師は結構いろいろ抱えちゃうタイプだったから熱をちゃんとパフォーマンスに向けるべきだったし、その点ふくちゃんはバランスとれるタイプ。

ただ、怒らなきゃいけないという面でどうしても悪役にまわりきれなかったかな。その点ちょっと鞘師がきつくなってしまったようには思う。

鞘師卒業後、いまの体制を安定させられたのはやっぱり芯のぶれなさかな。13期加入がこれまた大変だけど、頑張ってほしい。

 

鈴木香音ちゃん

顔が本当にかわいい。太っちゃってたけど可愛い。

体型のネタがどうしても出てきちゃうわけだけど、この子も歌声が安定してた。モーニング娘。では歌割が多い方ではなかったのでわたしもなかなかわからなかったけど。

ハロコン?とかで他グループの歌をうたうとすごく光ってくる。音がピンってとんじゃうこともないし、言葉をちゃんと発生できてる。

これまたわたしがちゃんと追えずに卒業してしまったメンバー。DVDマガジンをみるとよくメンバーと遊んでて、鞘師、ふくちゃんがエース、リーダーというポジション的には担えなかった後輩とのラフな関係をつないでる子なんだなって。(ちょっとわかりにくい)

福祉関係?にむけて勉強ということで、頑張ってほしいです。

 

生田衣梨奈ちゃん

なんですかね、魂って感じ。(語彙力)

歌は、ちょっと癖があるけど、最近の曲だと結構はまってきてる感じ。歌割が一文字だけ?だったりしたみたいだけど、感情をぶわぁっ出さない子。

でも、何も考えてないわけではなく、むしろ心の奥底ではいろいろ考えて、で、その結果ちゃんと自分で結論も出せてる子。だと思う。

クロバットという点で自分の見せ場みつけられてよかった。それをちゃんと取り組んでいこうって熱がちょいちょい伝わる感じもよい。

あとは、香音ちゃんとはちがった面で後輩のサポートしてる。セクシーキャットの演説の歌割に関してあゆみんにかけた言葉とか、はーちんをご飯につれだしてるところとか。なんとなくその時々で心配なメンバーに寄り添ってるなって。(あとからわかるんだけど)

すごく強いけど、生田自身がつぶれないように、ここはふくちゃんの出番ですね。

 

 

とまぁ、9期にはこんなコメント。なんか本人にかけるような口調だったりただの分析だったりハチャメチャだけど。

 

ばらばらなようで良いバランスとれてた9期。意外にもぽんぽんしかもう残ってないんだけど。

それぞれが芯(軸)のぶれない人たちだった、熱量のすごかった9期。リアルタイムで追いたかったなぁ・・・